【サウナ探訪】稲荷町のカプセルホテル「サウナホテルニュー大泉 稲荷町店」

鶯谷のサウナセンター上野の北欧に続いて今回も台東区のサウナ、「サウナホテルニュー大泉 稲荷町店」に行ってきました。利用コースは平日限定の3時間です。

  • 店名:サウナホテルニュー大泉 稲荷町店
  • Web:http://www.ooizumi.info/70552/稲荷町店/
  • 住所:東京都台東区東上野6-2-8
  • アクセス:地下鉄銀座線「稲荷町駅」から徒歩約2分
  • 入館手順
    • 履物を脱ぎ履物をシューズロッカーへしまう
    • 受付へシューズロッカーの鍵を預け、利用プランを伝える
    • 料金を支払い、ロッカーキーを受け取る
      ※館内着、タオルはロッカー内にあり

サウナセンター大泉の姉妹店

今回利用したサウナホテルニュー大泉稲荷町店(以下、稲荷町大泉)は、かの名店大泉グループの稲荷町支店です。最寄り駅は稲荷町ですが、上野や浅草からも徒歩圏内です。

サウナホテルと名が付く通り、こちらはサウナ店である本店と違いカプセルホテルの業態となっています。なので仮眠室以外にもカプセルベッドで宿泊することもできます。

大泉といれば「今風サウナにはない庶民感、アットホームな雰囲気」が特徴ですが、こちら稲荷町大泉はどうかというと、本店よりさらにマニアックです。

雰囲気は基本的に同じ「大泉」なのですが、より渋く昭和感が強いのが稲荷町大泉です。今風サウナが好みの方には厳しいかもしれませんが、こういう雰囲気が好きなら最強に居心地がいいはず。


ライトグリーンのスチールロッカーが眩しいロッカールーム。ソファが置かれ本店より広々とした印象。ノイズ混じりのAMラジオが心地よい場末感を演出しています。こんなに居心地のいいロッカールームが他にあるだろうか。これはもはや文化遺産といっていいでしょう。


フロア構成。表示板の枠もライトグリーン。


脱衣所。本店と同じく鍵付きロッカーが設けられているのが便利。


ロウリュの時間は16時と20時。残念ながらタイミングを逃してしまいました。ちなみに数年前は1日6回くらい実施していた記憶がありますが、熱波にそれほど興味のない私として他に労力を割いてくれた方が嬉しいかな。

マイルドで入りやすい水風呂


出展:サウナホテルニュー大泉稲荷町店

さっそく浴室へ。老朽化は否めないものの、こまめに手入れされていて清潔感はバッチリ。水分補給用の給水機も用意してくれています。

稲荷町大泉にはドライサウナ以外にもスチームサウナがあります。轟音とともに噴き出るスチームはかなり強烈。このあたりだと御徒町のプレジデントにもスチームがあってなかなかパワフルなのですが、こちらも負けていません。

ドライサウナは100℃近くある高温仕様。本店より湿度は抑え気味ですが、ロウリュ直後だったので湿度はちょうど良し。セルフロウリュはやってないのかな?

↑の画像左側がバイブラの温浴層で、右側が水風呂。温度は16℃ほどで軽めの水流があります。柱の影は水流が弱いので、より冷たいのが好みなら柱より前で浸かるのがオススメ。

本店の足がピリつく水風呂もいいですが、こちらの水風呂はマイルドで入りやすく割と好みかです。スチーム+普段の3セットで計4セット堪能させていただきました。

居心地抜群の館内


サウナ浴が済み時刻は夕方。このまま晩御飯を頂くことにします。こちらは3Fレストランの風景。上野・御徒町はあんなに人がごった返しているのに、こちらは閑散としたものです。


本店の定番メニューはハムエッグorソーセージエッグ定食ですが、稲荷町店では生姜焼き定食が定番のようです。本店に比べると値段若干高めの設定ですが、代わりに添え物が豪華。小鉢やみそ汁が具沢山で食べ応えがあります。

ジャガイモが入ったみそ汁なんて食べたのいつ以来だろう。10年以上前の実家暮らしだった頃以来かもしれないなぁ(しんみり)。


レストランと同じ3Fに休憩室があります。背後にはミネラルウォーターサーバーも。こちらは禁煙ですが、同フロアには喫煙の休憩室もあります。


4Fと5Fは宿泊用フロアでこちらは仮眠室。空気清浄機や加湿器で快適な空調に保たれています。


こちらはカプセルベッド。すぐ側にミネラルウォーターサーバーがあるのはとてもありがたいです。カプセル内にはもちろんコンセントもあります。

鶯谷店とはまた違う良さのある稲荷町店

本店とはサウナも水風呂も仕様が違いますが、館内や浴室の清潔感、手入れや気配りなどはやはり大泉クオリティ。優劣というより好みや気分で選べる差でしょう。

また冒頭にも書きましたが、よりレトロ感が強くマニアックなのが稲荷町店の雰囲気。若い方がどのような感想をいだくかは分かりませんが、好みはともかく一見してみるのも面白いですよ。

値段設定は本店とほぼ同じで、休憩利用は8時間1,800円とショートの3時間が1,100円、宿泊の場合は3,000円になります。また、カプセル宿泊の場合は500円高い3,500円になります(宿泊予約サイト から予約することもできます)。

以上、サウナホテルニュー大泉 稲荷町店を利用した感想でした。
「サウナホテルニュー大泉」の宿泊予約はこちら

ご意見・ご感想などあれば↓へコメントをお願いします。

スポンサーリンク
karikari-plz01
karikari-plz01

フォローする

スポンサーリンク
karikari-plz01