動物園の入園料はなぜあんなに安いんだろう

古い携帯のデータを整理していたら、前に上野動物園に行った時の写真がたくさん出てきました。

エサやり中のシロクマ。

親子らしきアシカ達。

ゾウガメ。メチャメチャでかい。

それはそうとして、画像を見ていて一番最初に思い出したのは「上野動物園って入園料安かったなぁ」ということでした。一番高い一般料金ですら600円。子供やお年寄りだともっと安い。

上野動物園が安いのはまぁ国立で都営だし分からなくもないですが、動物園の入園料って全体的に安いですよね。他に有名どころだと、同じく東京との多摩動物公園も600円、北海道の旭川動物園が820円、神奈川のズーラシアが800円。いずれも1000円以下と良心的な値段です。

先月くらいに、動物園のコアラが維持費がかかり過ぎるため飼育中止になったというニュースを見ました(エサのユーカリを日本で自生するのが大変とのこと)。そんな中で、美術館なんかだと入館料が1000円を超えるのがザラなのに、維持費がもっとかかっていそうな動物園がなぜこんなに低料金なんでしょう?

ググって調べたところ、Yahoo!知恵袋に次のような回答がありました(以下引用)。

全国にある動物園はそのほとんどが赤字経営です。また、入場料の安い動物園は教育の為などで地方自治体が運営をしている所がほとんどの為、その赤字はすべて税金で穴埋めされています。サファリなどに代表される民間運営の動物園は、ほとんどの所が1500円以上の入場料がかかり、動物達にえさ(有料)があげれたり、触れ合いイベントを多数おこなったりとえさ代を稼ぐ為に色々と工夫をしています。

「どうして安いのか」の回答にはなっていませんが、やはり経営が苦しいのは確かなようです。

生き物を取り扱っているわけですから、もっと潤沢に費用を使わせてあげたいと思ってしまうのですが、できないものなんでしょうかね? 個人的には入園料は今の倍でも構わないと思っていますけど。

今はyoutube等の動画サイトで動物の映像がいくらでも見られるわけですけど、やはり生で見る動物の方が迫力があっていいです。もっと動物園観光が流行ればいいのに。せっかく安いんだし。

スポンサーリンク
karikari-plz01
karikari-plz01

フォローする

スポンサーリンク
karikari-plz01