ブログの文章は「書き言葉」「話し言葉」どちらがよいか

ブログ投稿の文体は「書き言葉」と「話し言葉」のどちらがよいのだろう?

書き言葉というのは「~ではない」のような、大人然とした硬い言い回しのこと。話し言葉は「~じゃない」のような、普段の会話するようなくだけた言い回しのことをいう。

自分はブログ開設から今まで、書き言葉を使ってきた。理由は、少しでも自分の社会性を養いたいと思ったから。一般的なビジネスシーンで主に使われるのは(会話にしても文章にしても)書き言葉である。少しでもこなれておくにこしたことはない。

しかし書き言葉は、話し言葉以上に、書くのに時間がかかってしまう。

話し言葉なら(最低限、文章としての体裁は整えるとしても)基本的に普段の口調そのままで書けばいい。だから頭で思ったことをスラスラと書いていける。

しかし書き言葉の場合、書くにあたってまず思っている文章を、頭の中で「フォーマルでよそ行きな言い回し」に変換しなければならない。書き言葉を使うと、その思考の分だけ、手間と時間がかかってしまう。したがって、書きやすさで言えば断然、いちいち言い回しに悩まずに済む話し言葉の方が楽である。

そして、書きやすいということは「続けやすいということ」でもある。ブログは書き続けてナンボのもの。続けやすい形でやっていくことが理想だと思う。

ただこれは書く側の都合。ブログは人に読んでもらうものなのだから、当然読む側の都合も考えなければならない。

ブログとして読みやすさでは、どちらがよいか。個人的にはどちらでも変わらないが、話し言葉である方がとっつきやすい印象がある。実際、一般的なブログの多くは、話し言葉でつづられていると思う。やはり読む側の目線に立つなら、話し言葉で書いた方がいい気がする。

以上の事、他の人はどう考えているのだろうか。以下のブログ投稿が参考になった。

http://www.basyanuko.com/entry/2016/11/06/085503
http://milliard.shisuh.com/2014/09/Blog05.html

要約すれば、以下のようになるだろうか。

・自分の得意な書き方で
・話し言葉の方が読みやすい
・話し言葉で書く場合でも、崩れすぎは×

書きやすさ、続けやすさ、読みやすさを踏まえ、今後は「話し言葉での投稿」にしてみようと思う。

スポンサーリンク
karikari-plz01
karikari-plz01

フォローする

スポンサーリンク
karikari-plz01