ホットサンドメーカーで弁当を作る

昨日の記事でスープジャーで野菜スープの弁当を作っていることを書いたのですが、実は最近環境が変わり、お昼ごはんに汁ものを持ち込むのがNGになってしまいました。「野菜が大量に入った汁もので腹をふくらませて満足する」という方法で食事改善を行っている私としては、これはかなり痛いです。仕方ないので、野菜スープの代わりに自作したサラダを持っていくことにしました。

今までの昼食は「野菜スープ+主食のごはん(orパン)」でした。しかし汁ものでお腹を膨らませられないとなると、サラダの他が主食のみというのは、ちょっとボリュームに欠けます。かといって、わざわざおかずを作るのは面倒です。どうしようか。

そこで、以前買って使っていないホットサンドメーカーを思い出しました。

(オッサンのくせにこんな女子力高そうなものを使っていいのだろうか)

ただパンに具材を挟んでプレスするだけなので、わざわざ別におかずを用意するよりは楽です。「炭水化物を摂り過ぎないように」と家の食事で使うのは封印していましたが、弁当用にホットサンドを作るため、封印を解くことにします。

私の使っているものは「プレスサンドメーカー キルト」というもの。「焼き目にキルト模様がつく」という特徴があります。大量のレシピが付録されていましたが、どれも美味しそうです。

スポンサーリンク

recolte PRESS SAND MAKER Quilt レッド RPS-1(R)

ただこれ、最初の頃にレシピ集を参考にして何度か失敗しました。レシピではメンチカツみたいなかなり厚めの具材を使っていますが、プレスの圧力がかなり強いので、中身が厚いとはみ出してしまいます。同じく圧力が高い関係で、ソースなど水っぽいものも薄めに入れないと、汁漏れして本体がベチョベチョになります。

まぁそんな失敗を踏まえつつ、ただいま明日の弁当を前日のうちに作っている次第であります。もうベチョベチョは嫌なので、具はごく普通にハムチーズ。

(6枚スライスの食パンを使用。かなりペチャンコになる)

スポンサーリンク
karikari-plz01
karikari-plz01

フォローする

スポンサーリンク
karikari-plz01