コインランドリーで布団を洗った話

布団を安く洗う方法を模索した

私が今まで布団をどうやって洗っていたかというと、たまに日干しする以外ではすべてクリーニング店にお願いしていました。かかる費用は4000円ほどで正直高いです。布団は毎日使うものなのでなるべく清潔にしたいですから、なるべくなら安く済ませたいですやっぱり。

そんなことを考えていたら、近所に新しいコインランドリーができているのを発見。覗いてみると大型のドラム式洗濯機が並んでいて、これなら私の羽毛布団も余裕で洗えてしまうように見えます。

そもそも布団をコインランドリーで洗うことが可能なのか。調べてみると、キルティング加工(中の詰め物が偏って固まらないように区分けするための刺繍)がされていれば可能とのこと。敷布団は無理ですが、私の掛布団は大丈夫そうです。

ちょうど平日休日だったのでさっそく利用してみることに。掛け布団を持ってえっちらおっちら歩いて行ってきました。

まず店内を物色

画像1
入口。24時間ではないけど早朝から深夜まで営業している様子。

画像2内装。新しくてきれいでそのうえ広く、私の知っている昔ながらのコインランドリー(古くて汚くて狭い)とはイメージが大分違います。もちろん規模や内装は店舗によるのでしょうが。

ちなみにコインランドリーなので当然洗濯機には硬貨しか使えないのですが、紙幣の両替機は千円札用しかありませんでした。大きいお札が崩せないのは不便ですが、まぁ無人の店舗に大きいお札が使える両替機を置くのは危険という理由なのかもしれません。

画像3
休憩スペース。横長のベンチにクッションまで置いてありました。空調も効いていて涼しいので快適です。夏や冬は居付く人が現れそうですが、さすがにバックヤードに常駐している人がいて監視はしているんでしょうね。

画像4
注意書き。まぁ当たり前のことしか書いてないです。店内が特に汚れたり散らかったりしている様子がないのは、常駐員がしっかり仕事しているのか、皆マナーよく利用しているからなのか。どちらにせよいい事です。

画像5
暇つぶし用の本。なんというか、不思議なラインナップでした。

画像6
トイレもありました。本当に至れり尽くせりな環境だな……。

画像7
コイン洗濯機。10kg、16kg、24kgサイズの洗濯機兼乾燥機が数台あって、他はすべて乾燥専用機でした(乾燥の方が時間がかかりますからね)。

画像は持ってきた掛け布団を洗っている所。掲示されている説明に従って16kgサイズを利用しましたが、中身はスカスカだったので、掛け布団1枚なら10kgサイズでもよかったかもしれません。

操作はコースを選んでスタートを押すだけなので簡単です。値段は普通コース選択で1500円。かかる時間は65分。店内が快適なので1時間程度なら余裕で待てますが、お昼だったので食事しに行きました。どうせ洗い物が荷物になり買い物はできないので、私と同じ乗り物未所持の方は、食事時に利用するといいかもしれません。

画像8
ふと背後をみると靴用の洗濯機が。そんなのもあるのか。2足まで1度に洗えて、洗濯と乾燥合わせて300円と書いてあります。300円で靴が2足洗えるのはすごい便利です(もしかしたら乾燥はワンコインで乾ききらないのかもしれませんが)。

新しいコインランドリーはすごく快適で便利だった

今回洗った掛け布団(羽毛)の仕上がりですが、中の羽が固まったりしているわけでもなく、ふわふわで問題なしです。クリーニング屋に頼んだ場合の半額以下であることを考えると満足と思います。

それと今回は利用しませんでしが靴用の洗濯機。スニーカー用なのでさすがに仕事で使っている革靴は洗えませんが、私がプライベートで履いているものなら大丈夫そうです。今度利用してみようと思います。

なんというか、昔ながらに存在する施設でも、改めて注目してみると著しく進歩しているのだなぁということを、今回のコインランドリーで目の当たりにした感じです。

人付き合いもまともにせず、世事にも関心を持たず、都心にいながら世捨て人のような生き方をしている私ですが、もっと世間の流れに関心を持たねばなぁと思いました。

スポンサーリンク
karikari-plz01
karikari-plz01

フォローする

スポンサーリンク
karikari-plz01