仲の良かった先輩がマルチ商法にハマって辞めちゃった思い出

私が社会に出て今のお仕事組織に入社した時のこと。私より1歳年上のAという先輩が仲良くしてくれました。

A先輩はあまり仕事ができる方じゃなく、ミスばかりでバカにされており、他の先輩からはパシリのように扱われていましたが、それでも私にとっては明るくて優しい先輩でした。人付き合いできない私と仲良くしてくれた、数少ない人物です。

A先輩は車が趣味で、大してお金もないのに高級なスポーツカーをローンで購入し乗り回していました。よく乗せてもらいましたがあまり運転が上手でなく、発進のたびにガックンガックンするので、正直乗り心地は最悪でした。まぁそれはどうでもいい話なのですが。

そんなA先輩ですが、数年経って私がそろそろ仕事にも慣れてきた頃、退職してしまいました。理由はマルチ商法にハマり職場で勧誘を行ったためです(一応は懲戒でなく自己都合でしたが)。発端は秋葉原かどこかでハメられた別の後輩なのですが、そこから何人かが巻き込まれ伝播したようです(確か絵画かなんかだった気がします)。

退職してしまう直前の頃に、私はA先輩から食事に誘われました。その頃は私もマルチ商法を行っていることを(噂レベルですが)知っていて距離を置いていたのですが、それでも私なんかに仲良くしてくれた人です。せっかく2人で話せる機会ができたのだから、説得するつもりで誘いに応じました。

食事の席では、最初まぁ普通に世間話なんかをした後、話を私から切り出しました。「マルチ商法に同僚を巻き込んでいるという噂を聞いた、そういうことをもししているのならやめたほうがいい」と。A先輩の返答は「やっていない」でした。そう答えるのならこれ以上言うこともありません。この話はこれで終わりました。

その後のA先輩は、やたらと携帯電話の着信で席を外していましたが、結局そのまま食事の席は終わり、何事もなく帰宅しました。その後は特に話す機会もないまま、翌月にA先輩は退職してしまいました。それ以来会っていません。

その時はまだ若く無知でわかりませんでしたが、今思えば食事の席での着信、あれはマルチ商法の勧誘仲間だったのでしょう。途中から参加して一緒に私の説得を行う手はずだったのだと思われます。

そうだったとしたら、なぜ勧誘に現れなかったのでしょう。私が先にマルチのことを切り出したため「説得は無理」と判断した? そうかもしれませんが、そういう勧誘というのはもっとしつこいという印象があるので、そんなことで諦めたりはしない気がします。

私は、A先輩の最後の良心だったのだと思っています。私にとって数少ない仲良くしてくれる先輩であったのと同じく、周囲からバカにされていたA先輩にとっても私は、多くない友人の一人であったわけで、そんな私を巻き込むまいと土壇場で思ってくれたのではないかと、そう納得しています。

もちろん、ただ勧誘は無理と判断して切り上げただけかもしれません。まぁ確かめようもないのだし、いいように思っておいた方が得ですし。

スポンサーリンク

悪徳商法 わざと引っかかってみました

スポンサーリンク
karikari-plz01
karikari-plz01

フォローする

スポンサーリンク
karikari-plz01