嫌な人のためにわざわざ腹を立てる必要なんてない

アイルランドの小説家:オスカー・ワイルドの言葉に「常に敵を許せ。それ以上に奴ら嫌がらせることはない」というものがあります。今回はこれに関連した内容になります。

例えば失礼ことをされるとか、マナーが悪いとか、そういう性格的によろしくない人と接した時。人は腹を立てたり嫌な思いをしたりして、ストレスを感じるのが普通です。

しかしそのような時、腹を立てたり思い知らせてやろうなんて考えることは、妥当な思考なのでしょうか。私はそうは思いません。なぜか。

接していて嫌な思いをしたということは、つまりそれはあなたにとって「嫌いな人」です。嫌いとは言わないまでも、少なくとも好きなタイプではありません。

あなたは嫌いな人(好きではない人)にどうなって欲しいですか? まさか「幸せになって欲しい」なんて思いませんよね。不幸になって欲しいとまでは流石に思わないにしても、この人にも嫌な思いをしてほしいとか、思い知らせたいとか、そういう風に思うでしょう。

では、その嫌な人にとって一番の不幸はなんでしょうか。それはずっと今のまま変わらないことですずっと失礼でマナーの悪い人間のままでいることです。そうすれば、そのまま誰にも相手にされないし愛されることもできない、悲しい不幸な人生を送ることになります。

逆そんな人に対して、あなたが失礼やマナー違反を指摘してやったりしたらどうなるでしょうか。万が一にも性格を改めたりなんかしたら幸せになってしまいます。嫌いな人をわざわざ幸せにしてあげる必要なんてありますか? (もちろん、そんな人が意見を聞き入れるわけはないでしょうけど)

このように、嫌な人というのは放っておいても勝手に不幸になって死んでいく運命なんです。だから関わって多少嫌な思いをしようが、腹を立てたりストレスを感じたりしなくていいんです。

だって放っておけば、その人はその性分により勝手に不幸になるんですから。こちらが感じたよりずっとたくさんの嫌な目に、今後ずっと合い続けるんですから。なので、今のままでいてくれた方がこちらにとっていいんです。

もちろんこれは極端な考え方です。たとえ嫌い(好きでない)相手だろうと、その人の幸福を考えてあげるのが善人というものでしょう。しかしもし、嫌な人のせいでストレスを感じたり苦しんでいる人がいるなら、このような考え方をしてみるのもよいかもしれません。

※ちなみに上記の考え方を以前同僚に話したら「お前の考え方は、正しいけど捻じ曲がっている」と言われました……。

スポンサーリンク
karikari-plz01
karikari-plz01

フォローする

スポンサーリンク
karikari-plz01