ペット用抜け毛クリーナー「一毛打尽」を購入した

ペットの抜け毛掃除が大変

犬や猫を室内外している家庭の一番の悩み、それはおそらく「毛の掃除」でしょう。

我が家では猫を一匹飼育していますが、飼う前は排泄物の処理の方が辛いと想像していました。が、そんなのはすぐ慣れました。臭いなんて数週間もすれば気にならなくなるし、猫はトイレを綺麗に使うので、思ったほどの苦労はありませんでした。

そんなことより、抜け毛の掃除の方が100倍ヤバかったです。特に今(11月)は換毛の時期だし、そのうえ空気も乾燥しているので、何かするたびに毛がアチコチに飛んで付着します。

もちろん掃除はしています。畳には電気掃除機、絨毯には掃除機に加えてコロコロクリーナー、フローリングはクイックルワイパーで拭き掃除を行っています。

その中で問題は絨毯です。畳やフローリングは割と綺麗になりますが、絨毯は掃除機とコロコロでも繊維に絡みついた毛は取りきることができません

抜け毛クリーナーを購入した

そこで購入したのは、スポンジ型の抜け毛クリーナー。ペットショップで見かけ、ネットで調べた評判も良かったので、試してみました。

リアライズというメーカーの商品でその名も「一毛打尽」。頼りがいのありそうな製品名です。

スポンサーリンク

どのように使うのかというと、絨毯や毛布など掃除する対象を、これで軽くこするだけ。説明には「強くでも軽くでも変わらないので軽くこするように」と書かれています。

一毛打尽、その威力は

さっそく試してみました。絨毯に掃除機をかけ、コロコロ掃除もして、その後でこのスポンジでこすってみました。その結果は↓。


5分程度で「マジで?」というくらい毛が出てきました!

画像を見ての通りです。サッサッサッサッと軽くこすった程度なのに、ドンドン絡みついていた毛が出てきました。ちゃんと掃除しているつもりだったのに、こんなに毛が潜んでいたのか……。

正直「知りたくない現実を知らされてしまった」感はありますが、その毛取り効果は一毛打尽の名に偽りありませんでした。

ちなみに、出てきた毛はクリーナー自体にはくっ付かないので、クリーナーで一か所にまとめた後はつまんで捨てるだけです。

薄くて硬い生地なら効果てきめん

色々な場所に試した結果、毛布やマットなどフカフカした場所だと、あまり毛は取れませんでした。というか「毛が長い生地=掃除機とコロコロでも十分取れる」という方が正しいと思います。あまりフカフカしていない薄くて硬めの絨毯などに使うと、上記画像のとおりモリモリと毛が出てきます。他にもキャットタワーなんかでもよく取れました。

耐久性については買ったばかりなので分かりませんが、評判では使ううちに擦れて取れなくなってくるようです。まぁ数百円で買えるものなので、何か月かでも持ってくれれば十分でしょう。

ご家庭の環境によりますが、硬めの絨毯を敷いているのなら、買って損はないと思います(潜んでいた毛の量を見て心が曇るかもしれませんけど)。

スポンサーリンク
karikari-plz01
karikari-plz01

フォローする

スポンサーリンク
karikari-plz01