無印良品のパルプ製猫草栽培キットを買ってみた:前編

キャットフードを吐かないように猫草を与えた

我が家の愛猫スリスリさん(オス・推定年齢8才)は、たまにキャットフードを吐いてしまうことがあります。まぁ猫がエサをゲーしてしまうことは珍しくないので、頻繁でなければ気にすることではありません。

しかし、ただでさえごはんを残すことの多い偏食のスリスリさんなので、吐いてしまうのはもったいない。なので、今は猫草を与えています。


栽培には、ペットショップで買った種に100均の培養土と鉢植えを使いました。

猫草は、猫が胃に毛が溜まった時や消化不良の際に上手に嘔吐するために食べる(と言われている)草です。これをあげてから猫草を食べてゲーするようになったので、せっかく食べたごはんを無駄にせず済むようになりました。

栽培は初めてなので失敗するかと思いましたが、猫草はとても育てやすい草のようで、特に問題なく育ってくれました。ただ、最初はよく鉢植えを倒してしまい(今は倒さず上手に食べられるようになりましたが)、畳に土をバラ撒かれて悲しい思いをしていました。

無印良品に紙製の猫草栽培キットがあるらしい

鉢植えを倒してしまうことをツイッターでツイートしたところ「無印良品に、土でなく紙で育てる猫草が売っている」との情報をいただきました。

既にスリスリさんが鉢植えを倒すことはなくなっていましたが、調べたところ「カビが発生しない」「虫が湧かない」「食べた後は丸ごと可燃ごみで捨てられる」など、色々と利点があるようなので試してみることにしました。


背景のスリスリさんが妙に猛った顔をしていますが、ただのあくびです。

2個入りで値段は210円となかなかリーズナブル。ただ、無印良品製のペット用品はこの猫草くらいしかないので、どこに陳列されているか探すのに苦労しました。

※ちなみに私が利用した店舗では、棚でなく通路のアルミ缶の中に置かれていました。


早速開封。中身はこんな感じでした。

中に入っているパルプは、膜のようなもので覆われ筒状にまとめられています。この中に種も入っているのでしょう。もっとこう、パラパラした紙が詰まっていると思っていたので予想外ですが、これなら転倒させてもこぼれることはなさそう。

周りの包装は、内側がツルツルして水が漏れないようになっています。あとはここに水を投入するだけです


パルプがまんべんなく湿るように水を投入。湿って内側の種がうっすら見えています。

250mlとかなり大量に入れるので、漏れないかちょっと心配になりましたが大丈夫でした。あとは乾かない程度に水を足しながら、日向に置いておけばいいようです。

発芽までは2~3日かかり、発芽してから7~10日後が食べごろとのこと。

コスパも意外に悪くない

結構いいですねコレ。とにかく手軽なのがいい。開封して水を入れるだけなので栽培の手間はないし、丸ごと可燃ごみに捨てられるので処分も簡単です。

この栽培キットは210円で1ヵ月は使えるようです。種・土・鉢植えを購入して栽培する方が安上がりですが、上記の通り栽培・処分に手間がかからないので、それを踏まえるとコスパは悪くないと思います。

現段階ではいい買い物だったと思います。発芽したらまた感想を書きます。

後編に続く

スポンサーリンク
karikari-plz01
karikari-plz01

フォローする

スポンサーリンク
karikari-plz01