ネットカフェで目が乾かないようにする方法

ネットカフェは空気がとても乾燥している

ネットカフェは、空調をガンガン利かせまくっているので、空気がひどく乾燥している場所です。狭い空間に人がひしめき合っているうえに、置いてあるものが本とPCなのだから、まぁ仕方ありません。

乾燥した空間にいて何が辛いかって、酷く目が乾くことです。

私はドライアイが酷いのか、ネットカフェに入ると、10分もしないうちに目が乾いて辛くなってしまいます(昔はそんなことはなかったのですが)。目薬を差してもまったく追いつきません。そもそもネットカフェは、「本を読んだりPCを使ったり」と目をよく使う場なのに、目が辛くてはそれもままなりません。

どうにからなんもんか考えてみた

濡れタオルを干してみたり、被ってみたり、色々試しましたが効果なし。しかし試行の末、意外な方法で目の渇きを解消することができました。

それは「マスクをする」です。

スポンサーリンク

(PM2.5対応)快適ガードさわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入

まぁ乾燥している=のどや鼻も痛むわけで、それを守るためのマスクをするのはわかるとして、なんで目の渇きに効くのか。付ければわかりますが、マスクをして呼吸すると、吐いた空気が上側(鼻の横)から出ていきます。これにより、口や鼻から出た湿った空気が目に当たるので、自然に目の渇きを癒してくれるわけです。

そんばバカなって思われるかもしれませんが、実際、目の渇きを感じた時にマスクを付けてみてください。楽になるはずです。

ネットカフェにマスクは必需品

そもそもネットカフェは「人が多い=菌やウィルスも多い場所」であって、のどや鼻をケアする意味でも、マスクはするべきでしょう。しかもそれだけでなく、上記の通り、目の渇きまで癒してくれます。ネットカフェではマスク着用をオススメします。

スポンサーリンク
karikari-plz01
karikari-plz01

フォローする

スポンサーリンク
karikari-plz01