格安SIMに変えたら支払いが7000円→1000円ちょっとになった

携帯電話会社は長い事ドコモを契約していましたが、昨年末に機種変更と合わせ、意を決して格安SIMに乗り換えました。結果は投稿タイトルのとおりです。

……まぁ1000円というのは理由があって、これは契約時に基本料金割引のキャンペーンを行っており、その割引を差し引いたのが1000円ちょっとです(最初の3か月だけ900円ほど割り引かれるというもの)

ドコモの頃は、通話プラン+定額データ通信のプランで、月々だいたい7000円程度払っていました。それが今は、通話とデータ通信の基本料金に留守番電話利用料を合わせて、2000円くらい。1/3以下になりました。半額くらいにはなるかなぁとは思っていましたが、予想以上です。

といっても、もちろん良くない部分もあります。私が使っていて気が付いた点を、以下に挙げます。

・サポートはあまり手厚くない
契約会社にもよるのですが、故障や紛失時、不明点の確認等のサポートは、あまりアテにできない傾向のようです(安いのは人件費がかかっていないことが理由であるわけですし) まぁ、私は長いこと携帯電話を利用していてサポートのお世話になったのは、本体を紛失した時の1度くらいでしたから、あまりサポートの必要性を感じていないので、問題はないです。

・通信品質も劣る
これは一番強く感じた部分。速度がでなかったり、繋がりにくかったりと、通信品質は大分劣ります。格安SIMを契約する会社は、かなり口コミ情報を調べた上で選んでいるのですが、通信品質が他者より劣るようなことは言われていませんでした。よって、通信品質の低さは格安SIM全般に言えることだと思われます。自宅や公共のWi-Fiが使える状況であれば問題ありませんが、そうでない時は割と困ります。

・通話料は高い
基本料金は上記の通り格安ですが、通話にかかる料金自体は高くつく傾向にあるようです。そもそも格安SIM会社は独自の通信回線を持っているわけでなく、3大キャリアの回線を借りているらしいので、これは仕方ないのでしょう。まぁ私はあまり通話しないので問題ありません。その気になれば無料通話可能なアプリを使う方法もありますし。

このようにデメリットもあるので、誰でも格安SIMにした方がお得というわけではないと思います。ある程度自分で調べて対処できる人、あまり通話しないような人なら格安SIMにすべきですが、そうでないなら3大キャリアでよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
karikari-plz01
karikari-plz01

フォローする

スポンサーリンク
karikari-plz01